結婚相談所では最も多くの方が登録されているボリュームゾーンです。

対象となる女性の数も多く、女性側からのニーズも高い有利な年代です。

この年代の男性は結婚相談所から最も多くの利益を得ることが可能です。結婚対象の20代後半から30代中盤にかけて多くの女性が登録されており非常に活発な活動をされている男性が多くなります。

結婚に向けて多くの方法があるかと思いますが、この年代からアラフォーと言われる40歳前後の男性が有利に婚活を進めたいのであれば相談所の利用こそお勧めになります。

また、子供を考えた結婚の場合は、将来的にもこの年代でスタートすべきです。

会社員の場合は、定年を65歳と考えても、特定の異性がいなければ、このタイミングでの婚活をお勧めします。

事実として

結婚相談所へ登録し、順調にお相手が見つかっても入籍は出会いから9か月~1年後になります。

さらに、結婚後すぐにお子さんに恵まれたとしても、生まれてくるまでに1年弱

今、登録して全てが順調に進んだとしても

お子さんが生まれるのは、2年弱かかるわけです。

35歳で登録しても、37歳

36歳で登録なら、38歳 39歳なら41歳です。

そこから育て上げるまでに22年 浪人や大学院進学ならさらにかかります。

嫌な事を言うように感じるかも知れませんが、脚色など何もない現実なのです。

もっと現実を言えば

結婚相談所以外での出会いであれば、出会いから結婚まで、平均で4年半かかります。

あくまでも平均ですので、本人同士の意向によって期間は短縮できると思いますが、それでも昨日知り合って来月結婚とはいかないはずです。

ある程度相手を知り、意思を固める為には年単位の期間が必要です。

35歳以上でお子さんを望むのであれば、早く動いて損はありません。