40歳から44歳位までの40代前半 アラフォーと呼ばれる男性の場合

結婚相談所では求められるものが増える傾向があります。

一番は 収入 です。

条件が優先される結婚相談所でも、30代の前半では年収はそれほど重要視されません。大手の一流企業に勤務されていても、それほど多くの給料がある訳ではないからです。

しかし、40歳を過ぎると男性の収入の注目度は大きく上がります。

40歳以上であれば、年収で500万円を切るとお見合いに至るまでに苦戦が予想されます。

また、40代になると男性はより清潔感・きちんとした身だしなみが求められます。

20代の男性であれば、少々だらしのない恰好をしていても若さの輝き、エネルギーがそれをカバーします。

しかし、40歳を過ぎると本人が身だしなみに気を使わないとどこか汚らしく見えてしまうのです。

肌には艶がなくなり、髪の毛は薄くなり、細り、白髪交じりになり、姿勢は悪くなり、筋肉は落ち、贅肉がつき・・・・

と外見は確実に下降線をたどります。

若い時には許された、洋服や外見に無頓着というのが許されなくなります。

しかし、それをクリアした男性の場合、結婚相談所では強者にいる事ができます。

お見合いは容易で、

ある程度の収入ときちんとした身だしなみを持った男性であれば、結婚相談所の利用に満足されるはずです。

また、身だしなみというのも決して、誰から見てもオシャレだとか言う事ではありませんし、ごくごく普通のトレンドに影響されないベーシックな清潔感のある装いができているという程度です。