IBMの人工知能が医師が誤診していた患者の病気を見抜き、抗がん剤の種類を変更させ治療に成功したというニュースは世間を驚かせました。

この人工知能「ワトソン」は2000万件の論文を学習し、僅か10分で正確な診断をしたそうです。

どんなに有能な医師であっても人間である以上、2000万件の論文を読みこなすなんて事は不可能です。

しかし、人工知能にはそれが出来る。

人工知能は人間に

チェスで勝ち

将棋で勝ち

囲碁でも勝ちました。

そして、医学の分野でも人間の能力を上回ってきています。

結婚カウンセラーもやがて、ビックデーターを集積したAI仲人さん等が主流になってくるのかも知れません。

莫大な数の傾向を分析すれば、お似合いの相手を見つけることは難しくないのかもしれません。

ただし、1つだけ

その結果に納得できるのかな?という部分では疑問があります。

AIが見つけたお似合い相手が、自分もとても素敵に思えたら問題はありませんね。

しかし、そうでなかった場合

人間はそれを受け入れるのでしょうか?

それとも、あくまでもツールとしての存在にAI仲人さんは留まるのでしょうか?

近未来はどうなっているのでしょうね。