1 常識人宣言 お見合いの服装の意味

お見合いの席では男性はスーツもしくはシャツにジャケット 女性も スーツもしくは準ずる格好をお願いしております。

しかし、稀に普段着に近い格好で見えられる方がいます。

これは大きく損をしています。

スーツやそれに準ずる格好は別に格好が良いからではないんです。もちろん男性の場合にはその意味合いもあります。

しかし、そのような服装をお願いする最も大きな理由は

「私は大人として常識をわきまえている」

と言う事が相手に伝わるからなんです。

これがどれほど相手に安心感を与えるか想像してみて下さい。誰だって初めて会う相手は「どんな人なのだろうか?」と不安なんです。

「変な人だったらどうしよう?」

そう思っている部分は少なからずあるんです。

それを取り除くのは「常識人宣言!」なんです。

その常識人宣言は 服装と礼儀 この2つで行うことになります。

しっかりした服装と礼儀正しい話し方

この2つが相手に

「宣誓!私は宗谷岬から石垣島の間で通用する常識を持った常識人である事を誓います!」と常識人宣言として伝わります。

お見合いのような初対面はまずお互いこの「常識人宣言」が絶対に必要なんですね。

2 男女の仲はプロセス重視

せっかくの出会いですからプロセスを重視しましょう!手間を省いてはいけません。

例えば、男性がお茶代を持つ。つまりお茶代をごちそうするって行為ですが、これも1つのプロセスを踏むと考えられます。

自分は女性に対し紳士的である。 社会順応性がある。 ケチではない。

と言う魅力のアピールであり、省くわけにはいかないプロセスであると言えます。

その際、女性がお礼を述べるのも同じように

社会性を相手に伝える プロセスとなります。

女性が言うお礼は

どちらかと言うと すいません。よりもごちそうさまでした。とか ありがとうございました。
とかの方が男性は好感を持つようです。(どちらかと言うとってレベルです。)

3 恋愛結婚とお見合い結婚の定義

人を介して知り合ったか?と言う部分になります。

人を介さずに出会い結婚に至るのが恋愛結婚の定義であり友人 知人の紹介やパーティーでの出会い 結婚相談所での
出会いと言った形が広義のお見合いとなるわけです。

最近では、出会い系サイトでの出会いも広義のお見合いに入ります、出会い系サイトと相談所や知人の紹介の違いは、ブランドバックをディスカウントショップで買うか直営店で買うかを想像して頂ければご理解頂けると思います。

そのブランドバック(相手)の保証があるかないかの違いと言う事なんです。

さて、恋愛とお見合いの結婚はそれぞれ傾向がありまた注意すべき点があります。

恋愛の場合、相手を多少厳しく見ることが必要でありお見合いの場合は相手を 多少甘く見てあげる必要があるです。

恋愛の場合、出会いから感情が優先する為、どうしても正確な実像を見ていない場合が多く、結婚して夢から覚めたとき
「何で結婚したんだろう?」という様な場合も多くなります。

好きだから!と言う感情が全てを許してしまう場合があるんです。感情があまりに優先しすぎない事に注意が必要です。

また、お見合いの場合は、最初は条件が優先する為に、どうしても相手に厳しい条件を付けやすくなります。条件は厳しくつけようと思えば相手や自分がどうであれつける事は可能なのですから 自然と厳しいものになります。

厳しい条件はあっても良いのですが、それが複数に及ぶと現実から遠ざかった夢の物語になってしまいます。

さて、この恋愛とお見合いの結婚の注意点は、以下の方法によって解決する事ができます。

恋愛の場合は、他の人の意見 特に親、兄弟の意見を重視するのだ。貴方が愛に盲目になっていても周囲の人間は冷静に判断が可能だ。。 その親 兄弟の意見を重視すれば間違った結婚を回避する事が可能な訳だ。

お見合いの場合も、同様に親兄弟の意見は参考になるがお見合いの場合には反対される事も少ないので 貴方が結婚
を希望すれば反対意見がある事は稀になります。

それよりも、お見合いの場合では、付き合い方を考えた方が良いのです。縁あって付き合った相手の良い所を探すように心がけるのです。もしかして?とんでもない掘り出し物ではないか?そう思いながら相手を観察するといいんです。

お見合いの場合、貴方は充分すぎるほど相手に厳しい希望をつけています。さらにそこから減点法で付き合うのなら 合格点の異性などいはしません。

もしかして、素晴らしい長所を見逃していないだろうか?

そう考えて付き合って見るのが損をしない付き合い方なのです。