多いアラフォーの登録者

結婚相談所は結婚・婚活を考えた時に最初に使う手段ではなく、むしろ最後の手段と考えて登録される方も少なくありません。

年齢的にも、結婚相談所の会員ボリュームゾーンは30代中盤と世間の平均初婚年齢よりも後ろにあります。

さらに、もう少し上の年代、30代後半から40代前半のアラフォーと言われる方の登録もとても多いのです。

トモカイのネットワーク全体で37歳~43歳のアラフォーと言われる年代の登録者は

男性 女性
17589名 21008名

と大変多くの方が登録されています。

40代なら結婚相談所一択

アラフォーと言われる年齢になって結婚を考えられた場合、婚活の手段は結婚相談所の一択になります。趣味の会・習い事・友人知人の縁などは可能性が0でないだけで効果はほとんどありません。

可能性として残されるのは

・ネット婚活
・婚活パーティー
・結婚相談所

ですが、ネット婚活と婚活パーティーは恋人探しや出会いを探すのには適していますが、相手が結婚する意志があるかはわかりません。

また、結婚する意志があっても結婚する能力(収入等)があるのか?時期はいつなのか?という部分がわからないわけです。

結婚相談所だけが、結婚する気持ちも結婚する能力も結婚する時期も明確になっているのです。40代の婚活であれば、これ以外の選択肢はないとご理解いただけるはずです。

アラフォーの結婚までの順序

40代で結婚を考えられたなら

最初にする事は結婚相談所に登録する事です。

他に色々考えても、結局答えは結婚相談所に登録する事なのです。車の免許が欲しいなら、あれこれ考えても答えは教習所に通うことしかありません。

同じように

アラフォーの婚活なら、結婚相談所に登録する事しかないんですね。

自動車教習所に真面目に通えば、車の免許が取れるように、結婚相談所で積極的に活動すればきっと結婚に到達するはずです。