よくお見合いの会話は「キャッチボールのようにしましょう。一方的になってはいけません。」なんてアドバイスがあります。

確かにそれはそうなのですが、現実には難しいと思うんですよね。

実は野球でもキャッチボールって難しいんですよ。

007

高校時代は野球部のキャプテンだった私が言うのですから間違いないです。

ボールを相手の胸に投げ、自分の胸に投げてもらうキャッチボールはそんなに簡単じゃないですよ。

ほとんどのキャッチボールは時にワンバウンドしたり、時に後ろにそらしたりしながらボールを投げあっています。

あっち行ったりこっち行ったりしながらです。

キャッチもスローもミスばっかりですよね。

男女の会話だってそんなもんです。

どんな相手と話したって、言葉のやり取りがちょうど5対5なんて事はありえません。あるとしたらテレビの通販番組だけです。

A「包丁が切れなくて困ったことはありませんか?」

B「そうなんです。いつも切れ味が悪くって困っています。」

A「そういうお悩みはもう必要ありません。」

B「ええ?なんですって?」

A「このスーパー包丁が解決します。」

B「本当だわ、すごい切れ味。でもお高いんじゃないかしら?」

A「そういう心配もご無用です。通常10万円の所を今晩限り3980円」

B「まあ お安い しかも今晩限りなら今すぐ注文しなくっちゃ」

こんな会話おかしいでしょ?

相手の胸に投げ自分の胸にかえってくるような高度なキャッチボールを会話でも目指すのではなく、後ろにそらしたり、ワンバウンドしたりしながらも、会話を成立させればよいんです。

その為に必要なことは

1 投げるボールを用意しておく。

2 1つじゃなく沢山用意しておく。

そして後は相手に向って投げるんです。

相手の反応をうかがいながら投げ続けます。1つ投げたら1つ相手から投げ返されるのを待ったりしないで大丈夫です。

やがて相手の胸に届けば、相手も投げ返してきます。それは質問だったり、自分に置き換えての話だったりと様々ですが、そのボールだけは後ろにそらしてもちゃんと捕ってあげることです。

会話を拾ってあげるんです。

そうしていくうちに会話がかみ合ってきます。一般的に 会話はキャッチボールと言う比喩が浸透していますが、それはちょっとどうかな?って部分もあるんですよ。

夫婦の会話だって、片方が聞き役、片方が話役で仲良く暮らしている例なんかいくらでもあるんですから。