結婚相談所では、お見合いで双方が再会を希望した場合、連絡先を交換し次のデートの約束をしてもらいます。

基本的には、最初のデートは一緒に食事をお勧めしています。朝から晩まで一緒だとか、遠出などはもう少し気心知れてからの方が良いでしょうね。

さて、そこでセッティングする男性に最初の食事で注意すべき点を以下羅列しておきます。

最初の食事で避けるべき店

1.遠い

とても美味しいお店だから、君の家から2時間半ほどかかるけどいかない?と聞けば「嫌です。」と言われると思います。

女性側の出やすく、帰りやすいエリアで設定してあげる事は、優しさの1つでもあります。

2.普通じゃない店

恐ろしく汚いけどうまい店とか、あまりにもムードが良すぎる店とか、監獄とか物語モチーフとかのお店とか、テレビでよく見る行列店とか、普通じゃない店は避けましょう。

奇をてらわず、ごくごく普通の雰囲気の良い店を提案してあげる事がセンスの見せ所です。

3、具体的に避けるべき店

少なくても最初のデートでは、次に該当する店は避けましょう。
ファミレス・客単価3000円以下のチェーン居酒屋・回転寿司・チェーン店の丼もの・食べ放題焼肉・ラーメン・粉もん店等

上記の店も2人が仲良くなった後なら問題ありませんし、ドライブデートの途中の昼食などはマックでもラーメンでも構いません。あくまで最初だけは避けるべき店です。

味よりも話ができるかが大事

最初のデートでは、料理の味よりも会話の方がより重要になります。
とっても美味しい料理だけど、騒々しくて話が聞きずらいような店だったり、隣との距離が近すぎて落ち着かない店ではよくないんですね。

まずは、落ち着いて話ができる空間を確保する事が最優先だと考えてください。
実際、東京の外食店で「不味くて食べれれない。」と言う様な店は探す方が難しいのですから、まずは空間確保を優先してください。