結婚相談所の自己紹介画面では

事実のみが記される、年齢や収入、学歴等の部分と変化や工夫が許される、趣味や相手への希望、自己PR文章があります。

数字や事実のみ記載の部分は工夫できないので仕方がありませんが、工夫できる部分は工夫すべきであるのは当然です。

趣味の工夫は相手に

興味を持ってもらう

共通点を見つけてもらう

という事

相手への希望は

自分の希望を正確に理解してもらう

希望の相手に自分の事だと気づいてもらう

という事

自己PR文章は

普通の人

怖そうじゃない

常識的

というラインを超える事

さらに

面白そうな人

楽しそうな人

お人柄の良さそうな人

とほんの少しでも興味や共感、好感を持ってもらえたら大成功です。

決して

偉大な人

恐るべき男

天使ような女性

などと思われようとする必要はありません。

自己PRでは、リンゴをメロンだと書くことではなく、美味しいリンゴですよ。 形は悪いけど味は良いよ。 無農薬のリンゴだよ。とリンゴの魅力を語る事が大事です。