相談所を選ぶ際には、

自分をお客さん扱いしすぎないか?

という部分もチェックしたほうがよいでしょう。

通常のサービス業と結婚相談所では関係が違うのです。

もちろん、相談所の言う事を聞くべきとか相談所側の失礼を許容すべきだとかを言っている訳ではありません。

結婚相談所は、単にお客さんとサービスの提供側という関係ではなく

会員様がお見合いするのは、対等な立場の会員様だということの理解が必要なんです。

対等な立場の相手に我儘が許されるわけはありません。

しかし、結婚相談所の中には、そこを許容してしまう相談所があります。

お見合いの時間や場所の調整を、自社の会員だけに都合よく提示してくるような場合

一時的には、自分に便宜を図ってくれる良い相談所だと思うかもしれません。

しかし、長い目で見れば

そのような結婚相談所は他の相談所から敬遠されていき、本来であれば組めるはずのお見合いさえも組めなくなっていきます。

仮に自社の会員さんが遅刻をした場合

事情や度合いにもよるでしょうが、やはり遅刻したこちらが悪いのです。

そこは謝罪しなければいけません。

しかし。

お客様だから仕方がない

そういう考えの相談所であれば、待たされた相手側の相談所・会員さんには不満を持たれます。

結果として

あまりお見合いを組みたくない相談所として、本来あるべきはずの出会いの数が減り始めます。

自分自身はしっかりしていても、相談所がルーズであれば他社からの評価は自分自身にも良い影響を与えません。

あまりに、自分自身の我儘を許容してくれる等という場合は、その分出会いの数が減っていると考えてもよいでしょうね。