今から15年前に、これからの結婚は

自然に出会うのを待っている事=結婚しない事

になると考え、結婚相談所を始めました。

結婚相手を紹介する事が、世の中にもっともっと必要とされると考えたのです。

現実には私が考えたよりも、より急速にその傾向は強まっています。

あれから15年

今、思うことは

結婚の固定観念を捨てないと結婚できないことになるということです。

従来通りの、

夫婦に、子供2人

子供が生まれれば、女性は子育てを中心に、郊外にマイホーム、週末には家族でお出かけ

なんていう生活を考えていては、結婚は難しいんですね。

これからの結婚にモデルケースはありません。

それぞれ多様な結婚生活を自分自身で作り上げていく時代です。

等と、偉そうに書いていますが、私自身も固定観念を捨てきれていません。

子供には安定した会社に勤めてもらい、できれば孫の顔も見たいし、あまり遠くに住まわれるのも寂しいかな、等とドメスティックな部分では昭和の固定観念から一歩も踏み出せていません。

しかし、

その考えを、子供に押し付けることは絶対に間違っているということも理解しています。

その考え方こそが、幸せを遠ざけてしまうんですね。

誤解を恐れずに言えば

これからの結婚は旧来型の結婚は参考になりません。

結婚年齢

相手との年齢差

仕事

役割分担

子供

居住地

国籍

すべて、自分なりにアレンジして作り上げていかなくてはいけない時代になっています。

変わらないのは、お互いの気持ち

結婚相談所として、今後も発信していきたいと思います。