文春新書「日本人の誇り」藤原正彦著より

—————–ここから———————

少子化の根本要因もここにあります。家や近隣や仲間の有難さが失わ れ人々の繋がりが稀薄になったこの社会で、苦労して産み育てた子供 は本当に幸せになれるのだろうか。なれそうもないのなら出産や子育てにエ ネルギーを使うより、自らの幸福を追い求めよう。

中略

だから少子化は出産費用の援助や「子ども手当て」で解決する問題では ありません。馬車馬の尻を鞭で叩くような、勝者と敗者を鮮明にする競争 社会ではなく、人々の濃密なつながりを大事にしたうるおいのある社会を 取り戻さない限り、解決しないのです。

——————-ここまで———————-

映画「フーテンの寅さん」のような人間を許容できる繋がりのある人間社会 が戻らないと、少子化の解決にはならないようにも思っていました。

気楽には生きられないんですね。