01_700×150

高学歴女性は婚活には不利な立場

069-forcibly_free_image基本的に、学歴が高い高学歴な女性は、結婚相手と出会うのが難しくなります。

自身の学歴が高いために、必然的に希望するボーダーも高く設定してしまいがちです。

ごく普通の女性が普通に希望する、自分より高い、身長・収入・学歴の条件を満たすことが難しくなっているんですね。

高学歴な女性が結婚相手と出会うのは

学生時代という、同じ年代・同じエリア・同じ学歴といった類似性の高い男性と知り合い結婚まで継続して付き合う。

もしくは

職場で、同じスキル・同じ時間軸・同じ生活圏といったやはり似たような相手と出会って結婚する形を除くと、知り合うことから難しくなります。

高学歴の女性が上記のパターンを逃した場合は結婚相談所での婚活が必要になるのです。

 

婚活は結婚相談所ですべき

037高学歴女性の婚活の手段は、お見合いパーティーや街コンなどではなく、結婚相談所一択となります。

理由の1つ目に、男性に一定以上の収入・一定以上の学歴・職歴などの条件を求める場合、それらを証明済みの出会いを選択する必要が出てきます。

条件的に譲れない部分があれば、最初にその条件がわかる出会いが必要になるという事です。

2つ目に、結婚相談所という市場では、釣り合った価値の相手を探すというフェアな取引ができるからです。

結婚相談所では、お互いの条件を理解してからの出会いになりますので、釣り合った価値のものが交換されるというフェアな取引が行われます。

市場では、誰しも損をする取引はしません。

相手の価値を認め、貴方自身の価値も相手が認めてくれる出会いが必要なはずです。

3つ目に、マーケットが大きければ大きいほどより公平な価値の相手と知り合う機会が増えるという事です。

生活周辺からの出会いだけを期待するのは、効率も悪くお勧めしません。

結婚相談所では数万人(トモカイでは約15万人)の身分証明を公的書類でされた独身会員さんが結婚相手との出会いを求めて活動しています。出会いの数はマーケットの大きさに比例します。

このように、ある程度の条件を相手に求める場合は、結婚相談所での出会いを外すわけにはいかないのです。

運命の出会いを信じるなどと不確定なものを待つのはやめて、是非婚活を始めてみて下さい。

 

条件は上げすぎない、下げすぎない。

結婚相談所では、相手の条件をみてお会いするかしないかを判断します。

ここで大事なのは、希望条件を上げすぎず、下げすぎずという事です。

数万単位の異性が登録している結婚相談所ですので、条件的には天井知らずの方も登録されています。

実際にご登録いただければわかる事ですが、学歴であろうが、年収であろうが突出した条件を持つ異性は結婚相談所に多く存在します。

しかし、その突出した条件の男性は競争率も激しく、出会うまでが難しくなるのも事実です。

それが、希望の条件を上げすぎない。という事につながります。世間一般でいう「高望みしすぎ」という当たり前のことです。

もう1つの、下げすぎずというのも大事な事です。

条件ではない人柄と。条件を考えずに結婚相手を選択することは結婚相談所としてはお勧めしません。

結婚はゴールではないんですね。

その後の生活があります。無理のある自分自身と釣り合わない結婚は継続が難しくなります。

データーとしても、夫婦の学歴は均衡しやすいという事実があります。

あくまで釣り合った魅力の、生活に負荷の少ない相手を探すべきだと思います。

 

トモカイが応援致します。

049何度も言いますが、婚活の手段は結婚相談所以外はありません。

他の婚活手段をやめろということではありませんが、結婚相談所にこそ近道があります。

高学歴な女性を正しく評価してくれる男性は結婚相談所にいます。

高学歴な女性が望む男性は、15万人のネットワークの中から探すことが出来ます。

高学歴な女性が望む男性を、トモカイがご紹介できます。

トモカイでは、男性の大卒以上の割合は73% と7割強の男性が大卒以上の学歴を有しており、東大、京大をはじめとする旧帝大、早稲田、慶應、上智と言った有名私大・国公立の国内外の一流大学卒の男性に数多くご登録いただいております。

豊富な会員数と確かなカウンセリングで理想の結婚を応援致します。

どうぞご相談ください。