愛嬌

男性が女性に愚痴を言う場合に必要なものがあります。

それは、愛嬌です。

夢を語るときには特に必要ありません。
愛を語るときにも愛嬌は必要はありません。

しかし、愚痴を言いたくなった場合には 愛嬌が必要です。

負の感情を女性に伝えるとき 愛嬌があるのとないのとでは大きく違います。

漢の高祖 劉邦は口が悪く人を誰彼かまわず罵倒しましたがどれ程 口汚く罵倒しても愛嬌だけはあったそうです。

それが劉邦の大きな魅力で漢帝国を築いたんでしょうね。

ダウンタウンの松本さんも、どれだけ愚痴を言っても周りは笑い転げてしまうそうです。

愚痴や負の感情を言葉にする時 一番必要なのは愛嬌です。

ただ、この愛嬌も天性の部分がありますからね。

そんなに簡単に愛嬌ある人間にはなれない。

何か憎めないって人は、かならず愛嬌があるんですよね。

男は度胸 女は愛嬌って言いますけど、男の愛嬌も人生得してますよね。