相手にとって異性?

告白と言うのはリスクが伴います。

「好きです!付き合って下さい!」

「ごめんなさい。友達でいましょう。」

と言うような振られ方でその後友達でいられる事は多くはありません。

結局、勝つか負けるか 生きるか死ぬか って勝負になってしまいます。

ならば!

勝つ!そして生きる事に全力を尽くすべきなのです!

告白の失敗例として男性に多いのが

機が熟していない。

と言うものがあります。

・ほとんど知らないうちに告白
・全く異性として見られていないのに告白

と言う機が熟さないうちにアタックをしかけて当然のように散るわけです。

しかし、逆に言えば

機が熟せば告白の成功率は格段に上がるのです。

機が熟す そのポイントは

相手が自分を異性として見ている。と言う部分です。

さらに

相手に自分を異性として見せるには

相手の許すギリギリまでは踏み込むと言う事で可能になります。

嫌がられたり断られたりする場合はすぐに撤退です。
しかし、この撤退は告白と違い勝負の決着にはなりませんのですぐに次のチャンスがやってきます。

わかりやすく言うと

大人数で食事する(これは会社の部の飲み会とか)の仲であれば少人数で食事する仲(親しい仲間同士など)に持っていくさらに2人で食事する仲になる。さらにしょっちゅう2人で食事する仲になる。

等のように相手が許せばじわりじわりと距離を詰めます。

相手があなたを異性として完全に見ていれば 告白も成功の可能性が高くなります。

機が熟さないうちに 神風アタックを何度しかけても可能性は低いのです。

機を熟させ 網ですくうように相手をからめとりましょう!