結婚へのボトルネック

人間は無理のない想像の範囲は大体実現できるらしいです。

ドラえもんの道具でさえ既に実用化されているものも多いらしいんです。

「タケコプター」もちょっと大きいけどあるし「携帯電話」なんかも初期のドラえもんではひみつ道具でした。

インターネットもひみつ道具の塊で「どこでもドア」もある意味グーグルアースみたいなサービスで代用できます。

さて、何が言いたいのかというと

結婚が可能な状態であるなら結婚生活は何となくでも想像できると思います。

奥さんや、旦那さんのいる生活ですね。

しかし、現在、特定の相手のいない方の場合

出会いをリアルに想像できないらしいのです

町を歩いていると「キャー助けて~」と言う女性の悲鳴!

町を歩いていると「お嬢さん、ハンケチ落としましたよ」と言うジェントルマン。

どちらも厳しいですね・・・

自然な出会いをいくら想像しようとしても無理がある場合おそらく自然な出会いはやってきません。

もちろん、来週合コン 今週は男女8人でスキー その次は・・と出会いに溢れている場合は可能性があります。

しかし、そうでない場合

結婚は想像できても出会いが想像できない場合、結婚相談所から言わせて頂くと、

ボトルネックは自然な出会いにこだわる考え方かも知れません。