結婚制度がある

私達は人生の中で結婚を考えなければいけないようになっています。

1 結婚をする予定ですか?

2 何歳くらいで結婚する予定ですか?

3 どんな出会い方をしますか?

1の結婚する予定と言うのは独身者のアンケートで約9割程度で既婚者まで含めると95%を超えますのでほとんど全員と言っていいでしょう。

2と3は個人差があるでしょうね。

通常知り合ってから実際の入籍までは1年程度はかかりますから35歳で結婚ならば34歳で知り合う必要があります。

しかし、人間の残念なところは、34歳で結婚を考えられる状況にあるか?と言う部分がわからないのです。

結婚は、経済的自立 ある程度安定した未来が予測できる極めて好条件がそろった時にしか考えられません。

人間の中で結婚ほど、大事でありながら緊急を要しないものはないのです。

人間は優先する順位はほとんど同じです。

生命が安全で 健康に不安がなくて 財産の安全で 安定している

上記を確保してやっと結婚を考える訳です。(他にもあるかも知れません)

例えば

アイドルと食事行く約束があっても車にはねられれば、キャンセルして病院行きますよね。

福山雅治とデート中でも家の鍵を閉め忘れたら心配で帰りますよね。

女優さんとムフフになりそうであっても咳をして血を吐けば・・(しつこい?)

と言うことです。

人生において大事な事であっても緊急性を要しない為、後回しにされやすいんです。

結婚を考えられる日々は 実はそれだけ幸せだと言う事なんですね。