古い結婚感

捨てるべき考え方があります

男女の仲 こと結婚においては 能動的に動いた場合と動かないで果報は寝て待った場合とでは幸せになれる確率は能動的に動いた方が遥かに高くなります。

昔は自分が能動的に動かなくても、周囲の圧力と斡旋により結婚は可能でした。

残念ながら周囲の斡旋による結婚の場合は自由意志はそれほど反映されません。

現在は地球に住むホモサピエンス全ての中から好きな相手を結婚相手に選択する自由はありますが、自由が拡大した為 当然ながら結婚できる保証はなくなりました。

選択の自由が与えられ結婚の保証を失った訳です。

保証を失った現在

昭和の時代のように、女性から男性に話しかけるのは恥かしいとか立派な男性は女のけつを追いかけるものではない。などと言う古い考えを捨てなければ結婚という個人の幸せを享受することはできません。

恋愛と言うのは心通った男女の対等な付き合いですから、理のない昔の考えを持つ必要はありません。

紳士淑女のあり方などと思い込みは結婚に本人の能動的な動きを必要としない時代だからこそ 通用しただけの話です。

出会いがなければ出会いを能動的に

気になる異性がいるのならアタックを自分から

目標を達成する為に 自ら動いて幸せをかちとりましょう。