デートの提案

デートコースの選択は男性がリードするのが望ましいのでしょうが、実際には2人での行動に男性はあまり慣れていない事を知っておいてください。

通常、男性同士で行動する場合は趣味かお酒なんて部分がほとんどになります。

男2人となれば行動範囲はさらに縮小します。

お酒であっても、居酒屋とか寿司とか焼鳥とかに絞られてきますし、居酒屋であっても、ライトを落としたムードの良い場所などは男2人ではきつくなります。(お互いの顔がキャンドルに揺れる男同士の食事は美味しくないです)

結果として単独行動が多くなり、夕食なども牛丼や天丼、コンビニなんて事が多くなるのですが、男性はそれを特に寂しいとも思いません。

そのような部分を女性で見て見ると

女性2人での行動に女性は慣れています。

お昼も夕食もお酒も、女性2人で行けない場所はありません。

旅行も映画も男性2人なら違和感があっても女性2人なら何も問題ないようです。

基本的に、女性同士であれば世界中のどこでも移動可能なのに対し、男性2人などでは行ける場所に限りがあるって事です。

その結果、2人での行動のアンテナの感度の広さは圧倒的に女性が上回ることになります。

男性は慣れない2人での行動プランを考えますが、それが2人行動のプロフェッショナルである女性からみて多少物足りなく思うこともあるかもしれません。

しかし、上記の事を理解した女性であれば、その物足りなさも男性の特徴だと理解できるはずです。

男性からの提案に不足があれば、女性から提案したってよいのです。

そうやって補うことが男女にとってよりよい関係を築く事になります。