相手への希望欄

結婚相談所でのプロフィールの中には相手への希望を書く欄もあります。

多くの場合は、人間性をやわらかい表現で書いたものです。

優しい方

おおらかな方

思いやりのある方

明るい方

穏やかな方

誠実な方

また、趣向の部分で

喫煙しない方

なんていうのもあります。

本当はもっともっと希望はあるはずなのですが、それを前面に出しすぎると敬遠されますから仕方のない部分です。

仕事の面接でも、楽で給料がよくて責任の少なく役得の多い仕事を希望しています。と履歴書に書かないのと同じですね(笑)

よくあるのがストレートすぎてかえって出会いを遠ざけてしまっていないか?という希望です。

女性の希望に

経済的に安定した方

なんていうのがありますが、これは逆効果かもしれません。

ターゲットからも敬遠されてしまいます。

また年配の男性の中には

従順な方

というような、恐ろしくストレートに自分の希望を書く方もいますが、これも逆に出会いの確率をさげてしまっているでしょう。

さらにゆるいキーワードであっても沢山盛り込みすぎるとよくないようです。

穏やかで大らかな優しい方 健康に気を使い明るく前向きで聡明で誠実な方を希望します。

ちょっと欲張りな感じがしますね。

希望欄はあくまでも自分の希望をストレートに伝える欄ではなく、相手が読んでどう感じるかを考えて書く欄になります。

就職面接の「御社の将来性」って言うのと同じですね。