連絡の頻度でわかる

男性は女性よりも電話やメールが得意ではないのは事実です。

脳の構造がそうなっているのですから仕方ありません。(そういう事らしいです)

でもね。

お見合いから、交際に入った段階で男性からのメールや電話の返答が遅い、頻度が高くない、文章も会話も短い。

なんて言う場合は、女性に対してそれほど熱意を持っていないと言ってよいでしょう。

男性は女性に比べ、電話もメールも得意ではないのは事実です。

しかし、恋愛の熱意はそれを超越し、艱難辛苦を乗り越え、内容のあまりない電話、メールを頑張ります。

頑張れちゃうもんなんです。

初期の段階で、男性がメールや電話を苦手だと言う事を態度や言葉で示せると言う事は、


得意じゃない事を頑張れない=熱意がない=あんまり好きじゃない

と考えて良いでしょう。

特に返事が遅いって言うのは厳しいです。

女性が男性の事が好きなのなら、不利なポジションにいる事を自覚して恋の戦いに臨まなければいけません。