主人公補正

ほとんどの人は、何かに真剣に打ち込むとわかる事があります。

スポーツでも

勉強でも

仕事でも

真剣に打ち込むとわかる事

それは、自分には

主人公補正がかかっていない

という事です。

野球にのめり込んでも、プロ野球選手にはなれないこと

勉強に夢中になっても、受験で失敗すること

仕事に真剣に打ち込んでも、認められるような成果は得られないこと

主人公補正のかかっていない多くの人は、この世は望んだ結果全てが手に入るわけではないという事を知ります。

当たり前の話です。

しかし、

男女の仲だけは、主人公補正を信じている人が多くいるんですね。

待っていれば、いつか白馬の王子さまが現れると信じている女性などはその典型です。

何故、男女の仲だけは、主人公補正を信じる人がいるのでしょう?

それは

真剣に打ち込んだ経験がないからだと思うんです。

苦しいほど心奪われた異性と出会い、恋焦がれ、想いを伝えても、振られる場合は簡単に振られますし、将来を誓い合い、愛し愛された異性であっても残酷なほどにあっさりと振られるとこともあります。まるでゴミでも捨てるように・・・

決して珍しくない、多くの人が通る道です。

傷つき・・そして・・

自分の存在の全てを否定されたような気持ちになり、わかる事があります。

それが

あれっ?主人公補正かかっていない・・・

という事です。

主人公補正がかかっていない自分は、決して特別に尊重される存在でも、特別に大事に扱われる存在でもないという事を知ります。

だからこそ、相手を尊重し、自分を尊重してくれる相手に感謝するようになるわけです。

かっこ良く言えば

それが、大人になるって事です。

その大人を異性は好みます。その大人を異性は魅力的だと感じます。その大人を異性は恋愛の対象に選びます。

プライドを捨てて、

真剣に向き合って、

恋破れて、

傷ついて、

成長し

より魅力的になる。

そういうもんだと思いませんか?

話は変わりますが

私は幼稚園の時、大きくなったら仮面ライダーになり地球を救うつもりでいました。

自分には主人公補正がかかっていると思いこんでいました。

幼稚園児が言うなら可愛いもんでしょう。

ところが、先日 60歳を超えた有名人が同じような事を言っているのを聞きました。

「俺は、あと2~3回は地球や人類を救うんじゃないかな?」

発言の主は

ブルースウイルス

今まで、何度も地球を救ってきたとか・・・・

この人は本物の主人公ですね・・・

注:主人公補正って言うのは、漫画やドラマの主人公だけに都合よく起きる補正の事だよ。(何があっても死なない。とか)