比喩で返すのが最高

不潔とか掃除が苦手とか、風呂嫌いとか、片づけ下手とか

そういう人がいるのは理解できるんですね。

でも、全く理解できないのが

ゴミ屋敷の人

あれ何なんですかね?

ゴミ拾って来て、家中ゴミだらけにして、自分は家の外で寝てる

どうして?

全く理解できない・・・

世の中には、全く理解できない人がいるんですよね。

さて

お見合いの場合、はたしてお互いが理解しあえる存在なのか?

という事を会話の中で探るわけです。

話を

聞いてくれるか?

共感してくれたか?

理解してくれたか?

ということを、お互いに相手をテストしている訳です。

そこで、相手の話を100%理解できたなら、それを伝えるにはどうしたらよいと思いますか?

私は、あなたの話を100%理解しました!

というのは、比喩とかことわざで返すんです。

例えば相手が

好き嫌いが分かれるような事を話をしていたなら

鮭の皮みたいなもんですね。

とか

不況でリストラされたが、今の仕事の方がよりやりがいがあるので結果として良かったという話なら

塞翁が馬っていいますもんね。

等と返すことによって

私、あなたの話を理解しました。つまりこういう事ですよね?

と伝える事になります。

その比喩が的確であったなら、相手の印象は格段に良くなります。

自分の話を聞いてくれた。

自分の話を理解してくれた。

しかも、的確に整理してくれた。

ウォ——————————!100点!

となるのです。

私も、女房の話を比喩で返します。

先日も私は

「なるほど、傘がない時に限って雨が降るみたいなもんだな。」

といつものように的確な比喩で返しました。

その比喩を聞いた、女房は言いました。

「ちょっと違うな」

・・・・・