世間の評価と異なる時

私は、世間の評価が高くても自分が評価できない事があると、自分の評価能力を疑うタイプなんです。

自分の能力を過信して偉い目にあったことが何度もあるからです。

しかし、世の中にはそうでないタイプの人もいます。

世間の評価と自分の評価のズレは、自分側が世間一般より高度なジャッジをしていると考えるタイプの人です。

その可能性も確かにありますし、私もそう思いたい。

婚活・男女の仲については、どっちだかわからない場面ではネガティブな判断の方が正しい事が多いんですよね。

相手の気持ちがわからない時

自分の気持ちがわからない時

残念ながら、確率的にはネガティブな方の予想が当たることが多いでしょう?

夢のない話ですが、そういった事実を事実として認めた上で婚活をしていく方が、自分と相手のポジションは正確に測れます。

自分がゴールから遠い位置にいるなら、ゴールに向かって前進すべきですし、ゴール前にいるならシュートをうつべきです。

位置がわかれば、やるべき事するべき事が正確に判断できるんですね。