誘いを断る時に注意すべきこと

好意を持っている相手からせっかくデートの誘いをもらっても断らなくてはいけない場合もあると思います。

その場合一番大事なことは

断りの理由を入れることです。

理由も知らせず断るのと、理由があって断るのとでは相手が受ける印象は全く違うのは言うまでもありません。

次に大事なことは

残念な気持ちを伝えることです。

本当は行きたいのだけど・・

と言う気持ちが相手に伝われば断られたほうも次に誘いやすくなります。

さらに付け加えるなら

代替日を伝えられれば完璧です。

断りに、理由があって、残念がって、他日では?と言う提案があれば断りのマイナスは帳消しに出来ます。

以前、ある会員さんからデートの誘いを断ったらそれっきり誘いがこなくなったと言う相談を受けました。

どのように断ったのかを確認すると、単に「申し訳ないが行けません。」と言う返事だけだったわけです。

最低限の「侘び」は入っていますがこれだけでは相手は嫌われていると誤解します。

理由

気持ち

代替日

この3つが大事です。

さらにメールやラインの場合も同様です。

メールやラインなどは誤解しやすくされやすいツールでもあります。

その特性を理解し、相手に伝えるべきことを確実に伝えるようにしていきましょう。