Q&A

Q 何故、みんな優しい人を希望するのでしょうか?

A みなさん男女の仲においては力関係が対等ではない事を意識無意識の中で知っているからです。男女の仲は必ず力関係に差が出ます。そしてそれは2人の時間軸により変化をしていきます。

知り合った時期から恋愛中までは惚れさせた方が強く惚れてしまった方が弱くなります。常により惚れている方が弱いのは心当たりがある方も多いと思います。

この力関係は一度結婚により終わりを告げ、新たな夫婦と言う関係での主導権の争いに移ります。これがよく言われる「結婚する前はこんな人じゃなかった。」とか「結婚して変わった。」等と言う相手に対する驚きとなります。例え女性を拝み倒し一生泣かせるような事はしないと誓って結婚しても、「結婚したらえばってやる!」と臥薪嘗胆の男性も多いのです。

この主導権争いの結果決定した力関係は子供と言う新たな家族の誕生や女性が経済的自立を失うなどの時間軸によって緩やかに変化していきます。

通常専業主婦であれば子供が産まれ成長する段階までは夫である男性の力が強くなります。
この期間に男性の優しさがなければ妻である女性の結婚生活はつらいものになってしまいます。家庭を顧みずに、仕事・遊び・浮気とエネルギッシュに動き回る夫であっても経済的自立をなくした妻であれば戦いになりません。夫である男性に優しさがなければ妻を弱者として都合の良いように扱おうとします。

しかし、この子供が成長し独立したり、夫が定年などにより所得を得られない、または少ない所得しか得られなくなると、今度は妻である女性の力が増します。

家事などが出来ませんから家庭内の能力に劣り、地域でのコミュニティーなども妻の広さにはかないません。お隣とは挨拶しかしない仲である男性と、お隣の息子の彼女の鼻ピアスが2個であることまで知っている妻とは比べようがありません。

こうなってしまうと、どれだけ家庭を顧みずに仕事と遊びに熱心でエネルギッシュな男性であっても外で浮気が出来るほどの気力体力がなくなった場合「やはり俺にはお前しかいない。」などと奥さんにすがり付こうとします。

このように、どのような男女間でも一生のうちで何度か力関係の逆転がおきます。その時に優しい相手でなければつらく悲しい生活を送らなければなりません。

優しい相手と結婚したいというのは ホント大事ですよ。