恋愛上手は演出家

恋愛上手な男性に共通している事があります。

それは、彼らはみな優れた演出家であると言うことです。

恋愛上手な男性は、自分の魅力を最大にする演出方法を知っています。

そして、その効果的な演出によって1の好意を10にして伝え相手を惚れさせるわけです。

例えば、好き と言う意味を一つ伝えるにしても

どこで言うのか?
いつ言うのか?
どのような言葉で言うのか?

と言う演出を彼らは考えます。

この優れた演出家達の思考は 相手に最も効果がある選択をする。と言う共通の思考を演出の基本としています。

自分が言いやすいとか 自分がどうだとか 言う思考ではなく あくまで相手に最も効果がある方法は? と言う思考なのです。

当然、計算された演出ですから、行き当たりばったりよりは遥かに成功の確率は高くなりますし、女性達は優れた演出家によって演出された作品の女優である事を好みます。

恋愛上手とは演出上手でもあるのです。

演出の具体例

具体的な演出方法は2つあります。

1つは自分がスターになる演出
1つは女性をヒロインにさせる演出

自分がスターになる演出とは自分の得手なものによって演出することになります。

歌の上手な人はカラオケによってスターになり
スキーの上手な人はスキー場でスターになり
ボーリング場でも海でも山でも 得手とする場所で男性はスターになれます。

スターになる。

それは、男性だけに与えられた特権なのです。

得手とする場所で輝くスターになる事により より自分を魅力的に魅せ女性にアプローチするこれが第一の演出方法です。

もう1つの演出が 女性をヒロインにさせると言う事ですがこれは、ごく普通に男性が女性に優しさを注げば可能です。

女性と男性の優しさにおける感度は 人間の嗅覚と犬の嗅覚 人間の目と鷹の目 人間の耳とウサギの耳 人間の脳みそとガッツ石松の脳みそくらいの違いがあります。

男性が女性の優しさに気がつかず女性を怒らせてしまう事は普通にありますが、その逆は滅多にありません。

男性が女性に対して行った優しい行動は女性は必ず気がつきます。

その優しさ思いやりを注ぐことが女性をヒロインにする演出であるわけです。

どちらの演出も決して難しくはありません。
また、その演出は自分の意中の相手に行う限りにおいては決して不誠実な事でもありませんので是非、上手に演出してみてください。