お見合いで気を付けたい3つの事

お見合い会話で、特に気を付けたいことを3つ記載します。

日常の会話と大きく変わる部分はありませんが、お見合いならではの注意点もあります。

その1 初対面の場では礼儀正しくが基本

解説

初対面で必要以上にフランクになるのはよくありません。仮に相手との年齢差があっても敬語で接してください。

確率的には

フランクな態度もOK 6割
フランクな態度はNO 4割

礼儀正しい態度はOK 10割
礼儀正しい態度はNO ほぼ0

と言う事ですから 4割のNOを貰わない為にも礼儀正しくして損はありません。

無理に畏まった言葉を使う必要があるわけではなく、さん付けのですます敬語を使ってれば部分的な会話はそれほど気を使わなくても問題はありません。

適度な敬語を使うだけで、相手を尊重した常識人という印象を与えられます。

その2 質問はなるべく答えが明確にできるものを

解説

モテるでしょう?

初対面でそう言われてもどう答えて良いのかわかりません。「まあ 結構モテますね。」とも「いいえ ハエしか寄ってきません。」とも言えません。

悪意はなくても困ってしまうのです。

明確に答えられる質問は、相手も会話が楽ですし会話にリズムが生まれ、どの話題が膨らむかがわかります。

以下はお見合いでタブーな質問です。

他にお見合いされていますか?

自分でお見合い何人目ですか?

結婚相談所には何で登録されたのですか?

いつから婚活されているんですか?

何て言う結婚相談所に登録されているんですか?

今までどんな人とお見合いされました?

自分ってどうですか?

写真うつり悪いですね。

等、初対面では避けるべき話題です。

この他に下ネタや、詳細なプライバシーについての話題も避けましょう。

その3 質問が尋問にならない

解説

相手に質問する場合に相手が気持ちよく答えられる質問の仕方と、取調べを受けているように感じる質問の仕方があります。

よくない質問の仕方の代表例として

男性 趣味は何ですか?

女性 旅行です。

男性 生まれはどこですか?

女性 宮城の仙台です。

男性 お仕事はどのような?

女性 婦人鞄の企画をしています。

男性 ご兄弟は?

女性 兄が1人います。

男性 血液型は?

女性 A型です。

と言うような上記のような質問を続ける場合があげられます。

個々の質問にそれぞれ関連性がなく質問に対しての掘り下げた会話がまったくありませんから、これでは質問されている相手は不快になります。

男性 趣味は?

女性 旅行です。

と言うような答えの場合、

男性 最近はどちらかに行かれました?

女性 先月パリに行ってきたんです。

男性 そうなんですか?実は私も3年前に一度・・・

等と掘り下げていく形が望ましいと言えます。

質問した以上は、相手の答えを必ず掘り下げてあげて下さい。掘り下げてみれば相手がその会話に乗っているかわかります。

乗ってくれば会話は盛り上がり、それほどであれば別の話題に切り替える。

いろいろなフックをたらし、共通点をさぐるのが会話上手になります。