離婚の理由は自己申告制

若いころはモテた。

という嘘をよく聞きます。

多くの人がそのような、勘違い? もしくは 嘘をつく?せいで

私の「若いころはモテた。」という一点の曇りなき真実もみんなには嘘だと思われているようです。

食堂の女の子が私にだけ一品サービスしてくれる。という凄まじいモテ武勇伝があるのにです。

さて、

若いころ話と同じく自己申告でしかないものに離婚理由があります。

結婚相談所でも、一定以上の年齢であれば離婚そのものはそれほど気にされないケースが多いのですが、離婚理由はとても気になるようです。

しかし、残念ながらこの離婚理由は本人申告の欠席裁判でしかありません。

女房をぶん殴ったら出ていきました。(グーで)

自宅に男性を連れ込んだ所を見つかってしまいました。

なんて言う理由は通常は開示されることはありません。

相手の言う事を信じるしかいないんですね。

多くの場合、DVやギャンブル癖 浪費癖 怠け癖 浮気癖 養育費で困窮 マザコンなんて部分を心配しているのだと思います。

離婚の理由はそうではない。

という事を伝える必要があります。

自分側に離婚歴がある場合は、相手がその理由を必ず心配していると理解して下さい。そして、その説明してあげる事で相手は安心し交際に前向きになります。

特にお見合いの場合は、

相手がお見合いに来ている時点で、離婚自体は許容しているのです。

あとはその理由の心配を取り除いてあげるだけになります。

離婚した相手を悪く言い過ぎない

離婚理由の伝え方で注意したいことは、

あまり自分だけを正当化し、離婚した相手を悪く言いすぎないことです。

自分は悪くない

相手はとんでもない人

という説明では、「でも、その相手を選んだのは誰?」という部分が逆にマイナス要因となってしまいます。

自分にもいたらない所があった。

というスタンスで話せば、相手の理解も深まります。

別れた相手に未練がある

余計かもしれませんが、もう1つ注意したいことは、

別れた相手への未練をのぞかせる事です。

悲しいですけど、もうあの頃には戻れないんですよね・・・

前の相手を振り切ろうと思って婚活を始めました。

等と、別れた相手に未練ありありのまま、お見合いされる方がいます。

それでは、縁には繋がりません。

あなたの目線は、目の前の自分に向いていないと思えば相手はそれ以上近寄ろうとは思わなくなります。

仮にそういう部分があっても、それを表に出さないのが大人の出会いになります。

再婚者の離婚理由は、相手にとっては気になる所です。

その不安を取り除けば、離婚自体が婚活にマイナスになることはありません。