強い思いこみは宗教

古くからの友人の独身男性と話していたのですが、彼は現在は彼女がいない状態であるが、結婚はなるべく早めいしたいと考えているのです。

周りにいた別の友人が「結婚したいなら千原のとこに入会すれば?」と酒もはいって冗談半分に言いました。

彼は「そういう出会いは嫌なんだよな。もっと自然に出会いたいんだ」と言っていました。

私は「お前、会社とかで出会える可能性はあるの?」と聞きました。

彼は「絶対ないなー」と笑っていました。

さらに私は「じゃあ、出会うために何かしてるの?」と聞きました。

彼は「してるわけないじゃん。」と言いました。

私は「それで結婚できると思ってるのか?」と少し上から言いました。

彼は「そういう焦りが良くないんだよ。」と言いました。

私は「焦るとかじゃなくて、じゃあどうやって出会うんだよ?」と聞きました。

彼は「自然と運命の相手と出会うものなんだよ。」と言うのです。

まさに、信じるものは救われるといった、信仰の世界です。

それ以上、その話はしませんでしたが彼に限らず登録説明にこられる多くの方から同じような話を聞きます。

そして、そのほとんどの方が

「何であの時は、自然と出会うと思っていたんだろう?」と言うのです。

それは「きっと自然と出会える教」に洗脳されていたのです(笑)

通常は試験を受けるには「勉強しなくてもきっと受かるはずさ」と言う人はいませんし、スポーツであっても、なんとなくマラソンを完走してた人もいません。

ところが、恋愛、男女の仲、結婚というものだけは 信じるものは救われる が不思議に感じなくなってしまうのです。

「きっと自然と出会える教」に洗脳されていませんか?

初詣の神頼みよりも行動です。