男前なヒラリー

元アメリカ大統領のクリントンとヒラリー夫人の話です。

ある日、ヒラリーが地元のアーカンソーで元カレにばったり会いました。

それを見たクリントンは元カレが何ものなのか尋ねました。

元カレは、ガソリンスタンドに勤めている男だそうです。

クリントンは焼きもちもありヒラリーに言います。

「あいつを選んで結婚したら君は今頃、ガソリンいれてたな。」

それを受けてヒラリーは言います。

「まさか、私が彼と結婚してたら、彼が大統領になっていたわ。」

どこまで本当の話か分かりませんが、彼女の自信がうかがえる話です。

完成品の男性と結婚すると、どうしても男性に幸せにしてもらっている感じがあるんですよね。

しかし、ヒラリーは未完成の男性を育て上げた自負がある。

大統領に奥さんにしてもらったのではなく、私が夫を大統領にしたのだ。

そこまで言われちゃ男性も辛いとこですけどね。