悪気なくてもダメ

就活の面接で

「別に、御社で働きたいと思っている訳じゃないんですよね。希望の仕事がなくて・・」

とか

「周りが働けって煩くて・・・」

なんて事を言う人はいないと思いますし、言えばその会社に勤める事は出来ないはずです。

就活どころか

学生時代のバイトの面接であっても

「お客さんと接することが好きです。」

とか

「体力には自信があります。」

程度のアピールは必要になります。

「楽そうだから。」が本音であってもです。

でも、お見合いで

「別に、結婚したいって訳じゃないんですよね。いい人がいれば考えても良いかな?」

とか

「結婚したいわけじゃないんですけど、親がうるさくて、、、」

なんて事を言う人は稀にいるようです。

多分、本人は悪気なく正直な部分なんでしょう。

テレもあったりするんですかね。

ただ、

相手にはとても失礼な言葉ですよね。

自分の為に、時間を作ってやってきた相手に対して、「結婚したいわけじゃない。」と相手の行動を無駄にしてしまうのは、やはりよくない。

人間関係は、自分が思った事を言葉にしていいわけじゃないですもんね。

相手がどう感じるか?

相手に失礼がないか?

それを第一に考える事が大人の態度です。

それを踏まえれば

何を言えば良いか?

何を言ってはいけないか?

答えは簡単に出るはずです。

相手の気持ちを考えて出た言葉を不快に思う人なんていません。それだけで良いのです。