女性を釣り上げる

男性が釣り人 女性が魚そう勝手に定義します。


どちらかがモーションをかける事は
魚釣りでは
美味しそうな餌をつけて糸をたらした状態。


男女が合意し付き合うと言う事は
魚釣りでは
釣り人の針が魚にかかった状態。


付き合いの最中の楽しかったり喧嘩したりは
魚釣りでは
糸が引いたり緩んだりと言う状態。


付き合いが終わり別れると言う事は
魚釣りでは
かかった針が魚から外れた。魚が逃げた状態。

となる訳です。
貴方が女性の場合、4の別れは決して魚が逃げた場合だけでは無い事を知る必要があります。

釣り人は魚がかかっているかいないかは糸の引きで判断します。

デートの誘いや電話、メールの返答によって魚が自分の針にかかっているかを知るのです。

反応が頻繁であれば、釣り人は何が何でも釣り上げようと努力を重ねます。(この時点であきらめる釣り人(男性)はいません。)

しかし、反応が無かったり、糸を引いてもビクともしない場合は釣り人(男性)は貴方を釣り上げる事をあきらめ自ら糸を切り、次の獲物を狙います。

大事なのは「あの~糸にかかってますけど・・」という事を必ず釣り人に理解させる事です。

仮に、今日(7月10日)デートを申し込まれたとします。そこで貴方が「来月の半ば以降なら行けるかも?」等と答えるのなら、釣り人は糸にかかっていないと判断し他の魚を狙います。

引いてもピクリとも動かない糸は切られるので注意が必要なんです。

また、「明日11日からの予定は全て貴方を優先します。友達との約束は全て裏切りますし、もちろん泊りがけもOKです。」等と答えては雑魚だと判断されてリリースされてしまいますので行き過ぎも注意です。