結婚相談所・料金

結婚相談所の料金は様々です。

相談所を維持するには、家賃、人件費、広告費、その他にもデーター管理や連盟加盟費などのコストは当然かかります。

そこに利益を乗せて価格を設定するのですが、その価格にはバラつきがあります。

家庭の主婦の方が自宅で運営されているような場合ですと、コストは低く抑えられるでしょうし、一等地に立派な事務所を構えれば当然コストは上がります。

高額な費用がかかる結婚情報サービスなどの場合は、その高額な費用の説明として幾つかのパターンで納得してもらうようです。

1.魔法使いだと嘘を言う

カウンセラーが魔法を使う事ができると説明するそうです。
「私はあなたにピッタリの人を直ぐにご紹介できる。」とか 「ほんの少し話せば2人の相性はわかる。」とか 「一目見れば2人の相性は大体わかる。」などと、わが社のカウンセラーは魔法を使えちゃうからお金は高いよ。って説明です。

100mを9秒で走るとか、ゴリラをノックアウトした事があるとかなら、すぐに冗談だとわかるのですが、幽霊見たって言うのと一緒で一目で相性がわかるって言うのは信じちゃう人もいるんですね。人間関係はそんなに単純なもんじゃないです。

2.お客様ほどの魅力的な方ならと持ち上げる

「貴方程の御方なら!!!」「あなたみたいな素敵なお人なら!」と 入会=バラ色 と言う夢を見せ、「そんなに素晴らしい活動ができるのなら少々高くっても仕方ないわ!」と錯覚させるんですね。

でもこれは、

現実に見合った金額ではなく 期待値に見合った金額になっている事にその時は気がつかないんですね。ゲタ履いて身長計るみたいなもんです。

3.大金払う人ほど結婚すると適当な事を言う

「一生の事にケチってどうすんの!!」とか「そこにケチる人にはケチな相手しか寄ってきません。」と言う サービスの対価としての説明ではなく意気込みとか覚悟とかの部分に切り込んでくるわけです。

お葬式とかでもよく使われるパターンで、「故人も御喜びになられる事でしょう」なんて 棺桶の値段が高い事=故人の喜び と勝手に結びつけられ儲けられちゃうんですね。

相談所へは説明聞いたその日に即決したりせずに、落ち着いて考える事をお勧めします。もちろん、人によって価格のとらえ方は違うでしょうから 安いが良いわけでも高いが悪いわけでもありません。納得が大事なんだと思います。