お見合いはムード雰囲気が大事

お見合いと言う 理屈や情報よりも感情や本能が優先されてしまいやすい話し合いの場では何よりもムードが大切です。

ムードと言っても別に、間接照明の薄暗いとこでやる必要はありませんし、ムーディーな音楽が流れている必要もありません。

お互いが気分良く話し合える雰囲気こそ一番大切なんですね。

さてその雰囲気作りですが、実はちょっとした事でムードが良くなりお見合いの成功率を上げられるんです。

協調性が増す。ある実験

アメリカのある実験なのですが、

人は幸せな話を聞いた後では約1.5倍も協調性が増す結果が出たそうです。

幸せな話をした後

不幸な話をした後

何も話さない 

と言う3つのケースでゲームをし、その協調性の度合いを計ったそうです。

すると

不幸な話をした場合と、何も話さない場合では大きな違いは見られなかったのですが、幸せな話をした時に、人はみるみる協調性を増したらしいのです。

幸せな話と言うのも、決して大げさな話でなく、日常のちょっとした幸せを感じさせるニュースや出来事を世間話として話すだけの事です。

何年ぶりに行き別れた家族が見つかった。とか 怪我をしたペットが奇跡的に助かった。とか普通に心温まる話であれば良いのです。

お見合いの最初に、ちょっとした心温まる世間話をしてみると、お見合いの空気はとても良くなるはずです。

その日にテレビでやっていたような、ちょっとしたニュースなんかで良いですから。