男女で違うお見合い後の返事

結婚相談所では、お見合いが終ると、翌日までにお付き合いするかしないかのジャッジになりますね

迷いなく判断できればよいのですが、返事に迷いがある場合

男性にはお付き合いを勧めません。

女性には2度目で判断するのが良いと伝えます。

男性にとって、「是非!また会いたい!」と思えない女性との結婚はまずないと言うのが男性にお付き合いを勧めない理由です。

もちろん、結果として男性が出した結論は支持しますし反対はしませんが、アドバイスを求められるならば、

結婚に繋がらない縁は追いかけない事

が効率よい婚活だとお伝えします。

女性に比べて、惚れる範囲の広い男性が「是非また会いたい!」という程度の感情を持てない女性と結婚に至る確率は低いのです。

逆に女性には「迷うならもう1回会ってみては?」 と勧めます。

女性の場合、男性と違い2度目 3度目と会うにつれて気持ちが変わってくる事も多いんですね。

変化するのであれば、変化の可能性を見てみることは無駄な事ではありません。

よく聞きませんか?「最初は何とも思っていなかったのに・・・」っていう女性の言葉

よく、男性に対しても「何度か会ううちにお互いの良い部分 悪い部分が見えてきて気持ちが変わる。」等と言う人がいますが、それは現実を見ていないから言える事です。

残念ながら、男性の気持ちはそんなに器用には変化しません。

女性が心がける事

また女性にアドバイスですが

結婚相談所は結婚だけを目的とした場所ですから、友人・恋人と言った相手を探しに来ているわけではありません。

しかし、

だからと言って、お見合いの場や最初のデート等のお付き合い初期には結婚相手としてどうか?と言う目ではあまり見ない方が良いでしょう。

基本的な条件については、お見合い前に確認しているはずですし、どう転んでも結婚はないと言う男性なら最初からお見合いになっていないはずです。

最初のデートで、「結婚相手・旦那さん・主人・夫・子供のお父さん・孫のお爺さん・玄孫の高祖父?」なんて目で判断しようとするとどうしても相手に厳しい点数をつけてしまいます。

最初のデートはまずは楽しんでみる。楽しめたか?ってレベルを判断材料にして次に進むのが良いように思います。

相性が良くない相手であれば、そうして過ごしたデートでさえも、次に会うのが気乗りしなかったり、デートの時間を楽しめなかったりするんです。

それがお断りする明確な心の答えでしょうし、その明確な答えを出すためにも最初のデートくらいで結婚相手と言う視点からだけを見ることは反対なんです。

そうして判断することは時間の無駄ではなく、正確なジャッジの為に最も効率のよい方法だと思いますよ。

もちろん、それを踏まえてジャッジするのは会員さんですし、どのようなジャッジをされても私はそのジャッジを支持します。