素直に動く

娘がいう事を聞かないと私は

「そんなに親の言う事を聞けないのなら、こっそりお前の歯ブラシで歯を磨いてやるぞ!」

と注意します。

すると娘は、「これからは言う事を聞きます。どうかそれだけはご容赦下さい。」と素直に謝ります。

さて、女性の場合

結婚相談所では、「好きだ!」とか「愛している!」とか言う状態でお付き合いがスタートするわけではありません。

もう少し話してみよう。

もしかしたら、相性が良いかも?

まだわからないから、また会ってみよう。

というような気持ちからのスタートだと思います。

そこで、何度か会い、男性が自分に対し好意を持ってくれ、何度目かのデートで手を繋がれた。

この時点で多くの女性から相談が多くあります。

相談されるほとんどは、嫌だったがもう少しお付き合いしてみるべきだろうか?

という事です。

残念ながら、答えは出ています。

嫌なものは嫌です。変わることはありません。

女性の中には、婚活を修行の場のように考えているような方もいます。

我慢とか努力とか、そんなキーワードが婚活だと思われている方が少なからずいるんですね。

そうじゃない。

女性に要求されるのは

ある程度の積極性

ある程度のフットワーク

そして、気持ちに素直になるという事です。

幸せは、忍耐の先でも、努力の先にもありません。

気持ちに素直に動き回る先にあります。