結婚相手の合格点が上がった

昔は近所のおせっかいおばさんが、年頃になると縁談を持ってきてくれた。

昔は会社の上司が年頃の社員に、お嫁さんを紹介してくれた。

なんて事実がありました。

そして、現在はその「おせっかい」を焼く人がいなくなったと言います。

でも

いなくなったのではなく、「おせっかい」が役に立たなくなった。通用しなくなったというのが本当なんですね。

昔のお見合いでは結婚相手の合格点は

30点

凄く嫌じゃない相手なら、みんな結婚したんですね。

おせっかいは30点で良かったんです。

今の結婚相手の合格点は

80点

皆さん凄く良い相手となら結婚するんですね。

昔と今の差、50点

相手に求める点数が高くなっていますから当然、結婚は難しくなっています。

機能しなくなったおせっかい

昔、近所や親戚や会社での「おせっかい」が機能したのは

30点の相手を連れて来ればよかったからなんですよね。

80点の異性はそんなに転がっていませんから、おせっかいが機能しなくなってしまいました。

おせっかいが機能しなくなったという事は自分でなんとかするしかなくなったという事です。

無人島に漂着した人は飲み水がなくなったら、

1.水を探しに島を探検する。

2.その場で雨が降るのを待つ。

という選択肢なら、誰だって1を選ぶと思うんです。2は死を待つのに等しいですもんね。

でも、結婚相手は2の「その場で待つ」という選択をする人が多いんですね。

飲み水ほど切実ではないって事もあります。

でも、普通に考えて2の選択が賢いとは言えないのは誰だってわかるはずです。

無人島には飲み水を持ってきてくれる人がいないように、現在社会に「おせっかい」もなくなりました。

結婚へは自分で動かなければいけない時代になったんです。