日程調整が進まない

結婚相談所でお見合いが決まれば日程の調整に移ります。

お互いの希望を聞いて、日時場所の調整をするわけですが

この日程調整で相手側からの連絡がスムーズに進まないことがあります。

こちらからの連絡に返事が中々ないと

相手側は思います。

遅い・・・と・・

この「遅い」と言う感情にはプラスの要素は何もありません。

遅い・・・の中には

笑いでも

喜びでも

癒しでも

愛しさでも

なく

「いらだち」

だけがあるんですね。

これからお見合いしようとする相手なのですから、「いらだち」を与えて良いわけありません。

お見合いの設定には

お見合いの当事者会員様2人と、所属の結婚相談所の担当者2人の合計4名が関わります。

この4名で連絡のパスを回すのですが、誰か1人がボール持ったままパスを回さなければ連絡はそこで止まります。

残りの3者は、その人からパスが出るのを待つしかありません。

お見合い調整は、4者の連携ですから、ご自身がどれだけ素早くパス回しをしても、調整が遅く進まないという事は現実としてある訳です。

ただし、少なくても

トモカイは迅速なパス回しをお約束します。

決して、トモカイで連絡を滞らせません。瞬時にパスします。

ですので、

ご自身がトモカイにご連絡を早く頂ければ、こちら側の2者は連絡が早いのですから、少なくても相手側に

遅いな・・・

といらだちを感じられることはないという事です。

連絡は出来れば翌日まで、2日以内までなら相手にストレスは感じさせないでしょう。それを超えると相手側は「遅い・・」と思いはじめます。

お見合いの日程調整が素早い方同士は、

トントンと決まって気持ち良いな。

スムーズな相手とは縁があるのかな?

そんなプラスの感情を持って相手と会います。

中々、日程が決まらない人だったな。。。

忙しい人みたいだし、交際も難しいかな。。。

連絡にルーズな人なのかな?

と言う感情を持たれて会うのとでは、比べるまでもないはずです。

実際に、連絡が早い人同士のお見合い調整は、午前中にOKが出れば午後には日時場所が決定しています。

そういうスピードでお見合い調整が完了するのは、割合としては全体の3割程度ですけどね。

お見合い日程の調整連絡は、早くて嫌がられる可能性は0%です。好意しか与えません。

好意を与えましょう。