トモカイ加盟団体 料金案内 トモカイ特徴

男性心理・その3

男性は女性のどういう男になりたいのか?

と言うと、

女性から尊敬される男

女性にとって1番の男

女性にとって最初の男

という事になります。

男性は好きな女性の上記のポジションを得る事で、自尊心を満足させます。

女性からすると、男性を心地よくさせるのは上記の意味を持つ表現である訳です。

尊敬される男

男性は女性から尊敬されることに生きる喜びを感じます。

水商売の女性は、男性が何を言おうが「すごい!」と言ってくれます。

ラーメンの超大盛を食べた話であろうが、大きな蚊にさされた話であろうが、合いの手は「すごい!」です。

男性は、女性から「すごい!」と言われることが大好きです。

水商売の接客は、その心理をくすぐってくれるのです。

男性が「そんなに凄い?」と不思議そうにしても「凄いよ!」と答えます。

男性が「別に凄くないよ」と謙遜しても「でも、凄いよ!」と譲りません。男性自身もそんなに凄くない事は知っていますが、凄いと言われて悪い気はしません。

ワンアップした気持ちになるのです。

一番の男

男性は女性の一番の男を目指します。

良く言われるのが、女性は男性のオンリーワン、男性は女性にとってナンバーワンになりたがるという事です。

序列・順位をつけたいのが男性ですから、やはりナンバーワンの存在である事を求めるんですね。

ずいぶん昔の民主党政権時代「一番じゃなきゃダメなんですか?2番じゃダメなんですか?」なんて言葉が流行語になりましたが

この男性心理においては、1番以外は認められません。

私が小学校の頃の話です。

バレンタインデーの日に、クラスの女の子がチョコを配っていました。

1つ10円の小さなチョコレートを男子に1個ずつくれたのです。みんな1個ずつ貰って喜んでいます。

私の番になり、その子は言いました。

「千原(私の事)には2個あげる」

私は、クラスを完全征服した気持ちになりました。他の男子と違うステージにいる幸せ。NO.1の幸せを噛み締めました。

みんな1個、僕だけ2個

しかし、

その子は、

別の男の子に

「鈴木には3個あげる。」

と私が得たはずのNO.1の座を明け渡したのです。

その瞬間、私は、NO.2になりました。

そこにあるのは、2番の喜びではなく

屈辱

でした。

と言うように、対女性においては1番以外は求めていないのが男性になります。

最初の男

男性は女性の最初の男になりたがります。

男性は女性の「こんな〇〇初めて」という言葉に、未踏峰の山を初登頂した気分を味わいます。

〇〇の中は、食べ物の味でも、景色でも、感動でも何でも良いのです。

「こんなの食べたの初めて」はアイガー北壁を攻略したに等しい感慨を受けます。

「こんなに好きなったのは初めて」などと言う嬉しい言葉には、ガンカー・プンスムを裸足で駆け上ったような達成感を味わうはずです。

女性が知る事

男性が喜ぶことを知れば、女性がとる手段も明確です。

上記の男性心理に例外はありません。

もしも、あらかさまな態度や露骨な言葉は見透かされそう。等と思って躊躇があるのであれば、その心配もいりません。

嘘ではなく、思った事を多少オーバーに伝えてあげる事だけで良いのです。

2番目に美味しいと思ったチーズケーキでも「こんなに美味しいチーズケーキ初めて」と1つ順位を繰り上げてあげるだけで男性は喜ぶのです。

事実を言います。

人気の男性を射止める女性は、顔の美しさよりもスタイルの良さよりも

男性を心地よくさせるのが上手な女性です。

その女性と話せば、沈んだ心も晴れ、前向きで、愉快な気持ちになる。

麻薬のような中毒性が男性を虜にさせるんです。

まずは無料相談から

個人情報保護について
0715-632

トモカイは東京の中心日本橋にありアクセスも抜群です。東京駅徒歩5分 日本橋駅10秒ですので、お一人が不安な場合は、お友達同士やご家族等とご一緒にご来店も歓迎です。勧誘・セールスの類は一切ありませんので、お気軽にご予約ください。(ご登録は、25歳以上現在独身で結婚の意思のある方のみとさせて頂いております).

ご来店予約

お名前(苗字のみで結構です) (必須)

メールアドレス (必須)

メールアドレス(確認) (必須)

電話番号


第1希望

希望月日-月-

希望時間-


第2希望

希望月日-月-

希望時間-


第3希望

希望月日-月-

希望時間-


お問い合わせなど