適正価格

結婚相談所の料金ですが、基本的には決まりなどありません。

多くある、経費をかけずに近所の知り合いなどを中心とした相談所などであれば安い金額での運営は可能ですし、大きな広告費や人件費をかけた相談所であればある程度、費用も高額にならざるを得ないでしょう。

決して、高額だから良くないとか、ネットの相談所のように数千円と格安だから良いとか言うものではないと思います。

これはユーザー側である会員さんの判断ですので、どちらでも良いと思うんです。

良くないのは

高いからよくないとか、安いから良いとか、

そういう単純な決めつけです。

ラーメンも70円の袋麺から1000円以上するラーメンまであります。

学習塾も、予習復習の自習が中心の格安の塾からマンツーマン対応の高額な塾もあります。

いろんな形態があるのですから、費用と、与えられるサービスのバランスで判断するしかないと思うんです。

ユーザー側の会員さんが何を求めているのか?

そして、その求めたものの提供に納得できるコストであるか?

そこの判断が重要であるんです。

@@だから駄目 @@だから良い。

袋麺は安いからよい!とか マンツーマンだけど高いから駄目!なんて言っても通用しないように根拠も無く単純に切り捨てる事など神様でもないのに出来るわけなどないんです。

そのような画一的な単純な決めつけをしては、「結婚相談所の男性は・・」とか「登録している女性は・・」等という会員さんにも拡大していきます。

多くの場合、安い所は高い所を否定し、高い所は安い所を否定し、中間の料金の所は高い所も安い所も否定します。

しかし、会員さんが千差万別なように相談所も料金だけじゃありません。

費用とサービスのバランスが大事なのは、世の中の全てに当てはまることであって相談所だけ例外な訳はありません。