好きな人は現れない?

結婚相手とめぐり合うために「婚活」をはじめた女性は思っていたよりも疲れる部分も多いかと思います。(男性はその部分は女性よりタフです。)

好きな人を探そうとすると疲れるんです

自分が好きになれて相手も好きになってくれる。

そんな恋愛って人生に多くて数回って人が普通だと思います。

実際、結婚した人たちの多くは結婚前に付き合った人は2~3人ってケースが一番多いんです。

そういう高いハードルを求めて、傷つき疲れるよりも

好きになれる人を探すようにしませんか?

極端に言えば、次にお見合いした人が

嫌じゃなきゃ結婚する!

そう思ってお見合いしたっていいと思うんです。

もちろん、そう思うだけで結婚はできませんから、普通にお付き合いが始まるだけですけどね。

無理に好きな人を探そうとすると、そりゃ疲れるものです。

もちろん、ある日突然「やあ!キラリ。」と王子さまが現れる可能性はあります。

でもそれでは期待のハードルが高すぎるんですね。

お笑い芸人でも、司会進行の人が
「それでは登場していただきましょう。抱腹絶倒!人気爆発の大爆笑コンビ」なんて紹介のされ方すると、客席の期待のハードルが上がってかえってスベってしまうらしいです。

なので、

嫌じゃなきゃ結婚するんだ!

そう思ってお見合いしてみたらどうでしょう?

最初から80点の相手を探すのは難しくても、お付き合いしていくうちに80点になる男性は意外といるものです。

本当は・・・

さらに本音を言えば

いくら私がそういっても、嫌じゃないから結婚するって人はいないんです。

でも、最初はそのくらいの気持ちで臨めば

嫌じゃない程度の相手に対しても、観察眼を持つんですね。

全く気にしていなかった異性を

この人はどんな人なのかな?

そういった興味を持つ事から、恋愛・結婚の芽が息吹きます。

そんなもんなんです。