真実から目をそらす

女房が「この服太って見えない?」と聞くので

「服がお前を太って見せているのではない。お前がその服を太って見せてるのだ。」と答えます。

私には真実が見えるのですが、彼女には見えないようです。

彼女に限らず、人間には真実が見えないときがあります。

書店に行けば、「2週間で英語がペラペラに!」なんて本や「たった3か月で東大に合格する方法」なんて本が並んでいます。

購読層は、中学英語で躓いてしまった人やドラゴン桜を見て東大を知った人などであり、英検準一級を持っているがさらに英語力を高めたい人でも、模擬試験で東大はC判定が出て不安に感じている人でもありません。

結婚相談所においてもそうです。

結婚相談所を検討し始めたと言う時点では、英語をこれから勉強する人と変わるところはありません。

素人なんです。

英語の現実を知らない素人であれば当然、

① 2週間で話せる勉強法

② 聞き流すだけで話せる英会話

③ 高校英語を基礎からみっちり1000時間

なんて方法であればどうしたって上2つに目が行きます。

結婚相談所であっても

① スーパーウルトラ凄腕カウンセラーが理想の結婚をお約束

② 超VIPハイクラスのお相手があなたを待っています。

③ 出会いをお手伝い

というコピーであればやっぱり上2つに目が行くのは仕方がないですね。

私は、結婚相談所側ですので、何が出来て何が出来ないかを知っています。だから上2つのようなキャッチを苦々しくは思っています。

私には真実が見えていると言えるでしょう。

真実が見えている私は

20名限定のロト6的中方法の講座案内メールにも、競馬予想で5000万の方法を伝授してくれる案内メールにも騙されません。

洗うだけで毛がぐんぐん生えるシャンプーっていうのは真実の香りがするのですが・・・