結婚は男の憧れだった時代

江戸時代の男たちにとって

結婚できる事=人生の成功者

でした。

例え武士に生まれても、結婚が約束されているのは長男のみです。

結婚できる保証のない次男、三男などは人生のすべてをかけて結婚を勝ち取ろうとしました。

しかし現実は厳しく、

図抜けて優秀な次男 三男には婿養子の話がありましたが、ほとんどは声もかからず一生独身のままです。

次男三男が結婚を望むのなら、文武に秀でて評判となり婿養子の話を待つしかなかったわけです。

結婚ができない次男三男は部屋住みと言われ

俸禄(お給料)はありませんし、ご飯を食べるのも、家長である兄の下ではなく 兄の子供(甥っ子)の下の扱いとなり厄介者として肩身も狭く暮らさなければなりません。

農家や商家はもっとひどいものでした。

江戸時代の男たちはみんな、何が何でも結婚したかったのです。

平成の男たちにとって

結婚する=人生の成功ではありません。

独身であれば、お給料全部自分で使えて、掃除は掃除機 洗濯は洗濯機 ご飯は外食、コンビニ 不自由はありません。

僅かながらに残る社会の偏見と、子供が欲しいという場合をのぞけば、結婚に対して大きなモチベーションはなくなりつつあります。

女性のみなさん

みなさんの目の前にいるのは、江戸の男ではないのです。

結婚願望の薄くなった、平成の男なのです。

女性が動かなければ、結婚には至らない。そういう時代であるのです。

しかし、

動けば期待はあります。

男性の9割弱が、いつかは結婚したいと思っているからです。

でも、別に今じゃなくてもよくね?

と思って日々を暮している訳です。

そういう現実を気が付いた女性から、結婚していきます。