コストがかからない分、脆い

結婚相談所での交際のちょっと特徴的なとこは

結婚相談所で出会った場合、男性も女性も手間がかかる相手、面倒くさい相手を敬遠する傾向が強いんですね

例えば、会社などで知り合った場合なら

1年間片思いで、

さらに、告白しようと決意して半年が過ぎてしまう。

なんて事もよくありますよね。

1年半もかけてやっと実った恋なら、少々面倒くさい事があっても、煮え切らない相手であっても耐えることができるでしょう。

懸けた時間的 精神的コストが大きいから、少々の事で失う事ができないんですね。

しかし、相談所なら

今日サイト見てお見合い申し込んで、週末土曜にお見合いして、翌日日曜に連絡先交換して交際スタート 水曜日に食事のお約束。

なんてスピードで進んでいきます。

例え、その相手とダメになっても結婚相手の候補は沢山いますもん。

出会いに時間的、精神的コストがかからないんです。

そうなると、

面倒くさい相手や手間暇のかかる相手ならやめて、別の相手を探そうとするのが人間ってもんです。

結婚相談所のように、出会いにコストがかからないのは、プラスもあればマイナスもあるんです。

結婚相談所での出会いでは

お互いの間にある程度の絆が生まれるまでは、相手に負担にならないように付き合うことが理想です。

1年片思いしたとか

告白するのに半年勇気が持てなかったとか

そういった部分が無いスタートですから、強い負荷がかかればすぐに離れ離れになってしまいます。

負荷に耐えられる関係ではない事を理解して、交際初期はなるべくお互いに負荷をかけない。

私の事を好きならきっと!

とか

俺を理解してくれるならこのぐらいの事!

等と、絆も出来ていないのに負荷をかけてしまうのは賢いとは言えないです。

相談所でのお付き合いの初期は、結婚相談所以外で知り合った場合に比べて極めて脆い関係である事を理解しましょうね。