ファーストコールの注意点

結婚相談所では、お見合いが終わり双方がOKであれば連絡先の交換となります。

携帯電話番号の交換をして、基本的には男性側から、出来れば当日、遅くても翌日には電話をしてもらいます。

さて、男性が当日の夜に電話をしたが,その電話が繋がらなかった場合、男性はどうしたら良いでしょうか?

最初の電話の流れを以下ご説明します。

まず、電話の時間は特に女性からの指定がない場合、21時前後が良いかと思います。

21時に電話をして繋がらない場合は、21時30分から22時の間でもう一度かけてみましょう。

そこで繋がらない場合

留守電であれば、留守電に「こんばんは、昨日お話しさせていただいた、〇〇です。ありがとうございました。お留守のようですので、また明日にでもご連絡させて頂きます。」

という内容を留守電に入れ、留守電にならなければ7~8回コールした時点で切り、その日はそれ以上のコンタクトを取るのはやめましょう。

翌日、やはり21時前後に電話をして繋がらない場合、留守電であってもメッセージは必要ありません。

その後の連絡は避け、その状況を相談所に連絡してください。

相談所が、状況や番号などを確認してご連絡します。

まとめますと

・ファーストコールは指定がない場合は、21時前後にする

・繋がらない場合は、22時頃までにもう一度かけてみる。

・2度目も繋がらない場合は、留守電設定があれば、明日再度電話すると入れておく。

・その日は、それ以降の連絡は控える

・翌日も21時頃電話をしてみる。

・繋がらない場合でも留守電の必要はなし、それ以降の電話は控える。

・相談所に状況を説明、相談所からの確認を待つ。

という流れが良いかと思います。

注意点

繋がらないからといって、当日中に5回も6回も電話しない。

留守電は、不機嫌や怒ったような感じにならないように気を付ける。

となります。

多くの場合、例え繋がらなくても、女性からコールバックがあるはずですので心配はいりません。

ただし、注意点を無視した行動をとった場合は女性側に怖がられてしまい、その後の交際が発展しにくくなりますのでご注意ください。

女性の方へ

女性は男性からの電話に出られなかった場合は、女性側からかけなおしてあげて下さい。

11時前ならその日のうちに、遅くなってしまった場合は翌日9時前が良いでしょう。