お見合いの場合、どうして別れた方が良いのか?

進展しない仮交際は見切りをつけたほうが良い。

そう言い続けていますが、

会社の同僚や先輩、後輩との関係であればきっかけ次第で関係性は変わる可能性はあります。

「3年前から知っていたが、飲み会で隣になった時に意気投合し、昨年暮れから付き合いだし結婚した。」

なんてケースもよく聞く話です。

しかし

結婚相談所の場合は、その可能性は低いんですね。

理由は

人は感情が乗らない相手と会おうと努力しないんですね。

気持ちが乗らない相手と会う事もありますが、それは

相手と切りにくい関係の場合や

会社や仕事がらみなどで、努力しなくても会ってしまう関係の場合等の「会いたい」という気持ちを必要としない場合が多いんです。

しかし残念ながら

結婚相談所でお見合いからの出会いの場合は上記のような関係ではありません。

2人が会うには

お互いに会おうとする意志が必要になります。

仮交際が進展しない

デートが決まらない

そういった場合、どちらかに「会いたい」という気持ちがない訳です。

お見合いの場合、相手にその気持ちが失せてしまったら、リベンジの機会は訪れないんですね。

会社で必然的に顔を合わせる場合なら、リベンジの機会はあります。

日々顔を合わせるのですから、お互いの見方や印象や気持ちも変化していきます。

しかし、お見合いの出会いの場合

宝くじに当たるとか、オリンピックに出ることになるとか、

そういったジャンプアップがない限り、リベンジは不可です。

結果として、

お互いに進展もないまま時間だけが過ぎたり

相手が断るのを待つという不毛な時間を消費したりして、自分の市場価値を少しづつ下げてしまう訳です。

会社での出会い

学校での出会い

そういった出会いと結婚相談所の出会いの違いを理解して行動した方が結果に繋がります。

理想とか、良い悪いとかではなく

現実に結婚相談所の場合、明確な理由なく会う事が難しくなった相手と再び交際が順調になるなどという確率は誤差の範囲でしかありません。最後に想いを伝えてダメならお別れする事で次の縁がやってきます。

唯一の例外は一度別れて復縁に至った場合です。

それ以外にズルズルと交際を継続するのは

誰1人

何1つ

得がないんですね。

と口を酸っぱくしてお伝えするのですが、この言葉は届かないケースが多いんです。

親が子供に

英語大事だよ。

とか

先輩が後輩に

この資格とったら有利だよ。

とか本人を思って言っても伝わらない事が多いのと似たような感じです。

それでも言い続けます。

進展しない付き合いをズルズル引きずらない事こそ成婚の道です。

 
無料相談してみませんか?結婚相談所 トモカイでは結婚を希望される身分証明された会員様が約17万人。ご自宅パソコンでもスマホでも24時間活動が可能です。リーズナブルな料金設定でコスパは最高です。無料相談はオンラインでもご来店でも可能です。  トモカイへのご相談予約はこちらから