相手を知る努力

目が良かった事が、たった500の自慢の1つだった私ですが、

最近は老眼が進み、本や新聞に老眼鏡が必要になりました・・・・

老眼鏡がないと全く見えない・・

見えないといえば、

異性の間でもお互いが良く見えていないというケースは良くあります。

正確に見えていない為に、本来縁のあった2人が疎遠になってしまう・・

そんな事がないように、異性をしっかりと見る事を

特に女性に伝えたいのです。

仮に

出会った男性との距離が100m(心理的に)あるとします。

2人の気持ちが近づいて、0mになったらとても素敵な事ですね。

さらに、男性が50m 女性が50mづつ近づいてくっついたのなら言う事なしです。

でも、そうはうまくはいかないでしょう。

最初に、お互いの気持ちに差があるのは仕方がない事です。

この距離の詰め方に関して女性に言いたいこと

それは

せっかく縁があった相手なのですから、まずは距離を縮める行動はおこしましょう。

って事なんです。

女性の中には、自分の気持ちがはっきりしてから(好きになってから)じゃないと一歩も踏み出さない。という方がいます。

もちろん、本人は好きになったら動こう!とは思っているんですね。

でも、スタート地点で動かずにいては、距離のある相手は良く見えませんし、気持ちも変化はしないんですね。

距離を詰めろというのも、別に気持ちの盛り上がりの前にキスするとか抱き合うべきとか言う事じゃないんです。

相手を知り、自分を知ってもらう時間と機会を持つ努力をするだけのことです。

距離を詰めて、30mの距離になった時に、

結婚相手としては違うと気が付く場合もあるでしょうし、逆に求めていた相手だと知ることもあるはずです。

気持ちがはっきりするまでは前に進まない。

という女性は、その考えを改める必要があります。

相手が良く見える距離になってからの方が、より正確に自分の気持ちがわかるはずです。

気持ちの盛り上がりまで行動を待たない。

まずは、距離を詰めて相手が見える距離まで進むべきです。