お見合いの服装の注意2点

男性のお見合い時の服装についてお伝えしたいことがあります。

お見合いの服装の注意は2つだけ

1つは、清潔感

清潔感は何を指すのか?と言うと、お風呂入ったとか、顔洗ったとかを指すのではなく、清潔に見えるか?って事を指すんですね。

極端に言えば、

洗濯したばかりだけど何年も着て毛玉だらけの服よりも、前回着てから洗ってなくても新しい服の方が清潔に見えます。

さっき洗ったけど、伸び放題の髪の毛よりも、昨日風呂入ってないけど、一昨日床屋行った頭の方が清潔に見えます。

サイズの合っていないブランドスーツよりも、洋服の青山で買ったジャストサイズのスーツの方が清潔に見えます。

物理的には汚くて良いという事ではなく、物理的な清潔ももちろん大事ですが、それ以上に見た目の清潔が大事なんですね。

清潔かどうかは、自分が決めるんではなく

自分を見て相手がどう思うかが全てなんです。

もう1つは

一番ダメな所が注目される

という事です。

高価な時計をしても

お気に入りのネクタイをしていっても

ピカピカに磨いた靴を履いても

残念ながら、そんなに注目度は高くありません。

視線を引き付けてしまうのは

剃り残しの髭であったり

歯についた海苔だったり

シャツの襟の汚れだったり

マイナスな部分なんですね。

おしゃれは、一番良い所ではなく、一番ダメな所に目が行きます。

仮に

すごくオメカシたけど、鼻毛が飛び出している人と

可もなく不可もなく、特にマイナスはない服装の人がいたなら

多くの場合、後者に軍配が上がるでしょう。

極端なマイナスを避ける事がお見合いの服装では大事です。