数学的には不可能な理想の人との交際

自分の理想の異性はどのくらいの割合でいるのか?

を計算すると

異性約30万人に1人となるそうです。

年齢・学歴・相性・住所・現在フリー等それほど高いハードルでなくても条件が重なると絶望的な確率になるんです。

さらに、普通に生活していて、その理想の相手と出逢える確率は

約170万分の1

いっそ0と言って欲しいくらいの数字になります。

しかし、

現在、もしくは過去に理想的な異性と交際した。

という問いには、約60%の人がYESと答えます。

30万人に1人の異性と付き合った人が6割もいる・・・

ここが人間の面白さですね。

理想的な相手の点数は100点

100点の異性は30万人に1人

付き合った異性は70点

でも30点分好きになる。

70+30=100

合計100点で理想的な相手の出来上がりです。

170万分の1の幸運に恵まれた人以外は、そうやって結婚していくんでしょうね。

理想の結婚相手と結婚する確率

もう1つ確率的な話です。

恋多き女とかプレイボーイとか言われるモテる男女が、

人がうらやむような結婚をしているかというと、必ずしもそうではないと思いませんか?

それは数学的にも正しい事のようです。

ベイズ統計という統計学で、ベストな結婚相手と結婚できる確率を計算すると

交際相手が6人までは30%

8人になると10%と急減していきます。

交際相手が増えすぎると、満足いく結婚ができにくくなると数学的には導き出されるのです。

現実には、8人もの異性と親密な交際する人の方が少ないでしょう。

ほとんどの人が結婚前に数人の異性と付き合い、タイミングのあった相手と結婚しているはずです。

山ほど付合った中から、厳選して結婚相手を選んでいるわけではないですし、そんな事できないんです。

少なくても数学的には、選ぶ意識が強すぎると、結婚が遠のいてしまうんですね。