会員さんとの信頼関係

結婚相談所と会員さん

結婚相談所と会員さんの信頼関係はどう築くのが早いのでしょうか?

結婚相談所はクローズされた口コミの少ないサービス業です。

結婚相談所で結婚したカップルは結婚式などでは知人の紹介などと言う場合が多かったりしますし、余程親しくない相手の場合は、そのような形にしておくのが一番無難な大人の知恵だと思います。

とにかく「信頼のブランド!」みたいなのが築きにくいのです。

おそらく、会員さんが相談所に登録された段階では信頼関係は築けていないと思います。

「無理やり結婚まで話を持っていかれるんじゃないか?」とか「嫌な相手とお見合いさせられるんじゃないか?」とか疑念を持てばキリがありません。

さて、そんな会員さんでも「あっ!」と言う間に信頼関係が築けてしまう場合があります。

それは

会員さんがミスをしてくれれば良いのです。

会員さんが申し込み操作を間違ったとか、お見合い場所を間違えたとか、そんなミスをした会員さんはその後、こちら側を信頼してくれます。

「この間は悪かったね」

「いえいえ」

と言う会話で信頼関係の一歩が築けるのです。

何故このような事を書くのかと言いますと

これは男女の仲でも一緒なのではないでしょうか?と思うからなんです。

お見合いから交際に至った場合もお互いまだ信頼関係は築けていないんですね。

そこに、ミスやアクシデントが発生する。

そこでの対応が一気に男女の距離も縮めるんです。

そういうせっかくのチャンスだと思えば相手のささいなミスなどに怒ったり責めたりする事はなくなり、よりスムーズな関係を築けるようになります。

ミスやアクシデントは信頼を築く絶好のチャンスなんです。